レッスン・企画のお知らせブログ!
by abundante-info
Abundante 夏のお茶会セット「涼」
夏のお茶会セット【涼の質感 ~鷲塚貴紀さんのガラス~】
e0160398_11152683.jpg


■「Abundante夏のお茶会セット ~涼~」
[価格]  ¥8,400-(税込み) ※発送ご希望の場合は、別途送料を頂戴いたします。

■お申込み
電話・FAX・HPmailコーナーにて、お申込みください。
Abundante Tel:0797-25-0862 / FAX:0797-25-0864


まだまだ梅雨の空模様… 高温多湿な日本の夏をクーラーなどない昔の人は、これからやってくる
暑い季節をいかに快適に過ごすか苦心していたのですよね~
肌に感じる涼しさだけを考えるのではなく、「五感から感じる涼感」も大切です。

この時期、食卓のしつらえももちろんこの「涼感」を演出して…!
器も夏仕様のものを仲間入りさせてあげると、目にも涼やかで料理もいきいきしてきます。
夏と言えばガラスの器が外せませんが、Abundante夏のお茶会セット「涼」はもちろん涼しげな
ガラスの器セットをご用意いたしました!

今回コラボ下さった、硝子作家の鷲塚貴紀さんをご紹介いたします。
現在は富山県在住で、イギリスでガラスの勉強もされ、帰国後Glass Crafts Roomを
設立・主宰されています。

初めて鷲塚さんのガラスの作品を拝見したとき、「これ、ガラスなの?」と思ったことを覚えています。
白磁とも見紛うほどの美しい白色のガラスで、エレガントで静けさをたたえた印象が強く残りました。
透明さにこだわったクリアなガラスは光を通し、それはそれでもちろん美しいのですが、
光を遮断したようにも閉じ込めたようにも見える鷲塚さんの作品は、凛とした存在感があって、
個体として完結する完成度の高いものです。
透明な氷や気泡の入った氷ではなく、ドライアイスのような…と例えればイメージが伝わりやすい
でしょうか、すっと一筆入ったようなラインも綺麗です。
艶を消したマットな質感からも「涼感」が感じられ、是非ご自分の手に取ってお楽しみください!
e0160398_11181677.jpg

中に入れるものの色も美しく映し出し、お酒を入れるとほのかな生成り色に、色のものを入れると、
グラスの外側にうっすらその色が映って幻想的にも感じます。

和の器との相性もとても素敵で、漆と合わせても上品です。
華もあるガラスなので、おもてなしの食卓にもふさわしい…!

またまた、イクタ胸ズキューンポイントいっぱいです。
そして、この鷲塚さんの作品を「夏のお茶会セット」としてご案内できることとなったのです!!
今回のセットのお茶は、ウーフの大西さんに水出しのお茶をご提案いただき、冷茶を入れるのにも
ぴったりな小さめの汲み出し碗サイズのうつわを二つ。
お揃いの角皿は、菓子皿サイズで少し厚みを持たせて作ってくださいました。
この厚みが器をグッと存在感のあるものに見せ、全体のバランスを引き締めます。お皿は1枚入ります。

碗はもちろんグラスとして、冷酒などにもちょうどよいサイズ。50ccはたっぷり入ります。
ちょっとした珍味や口取りなどを盛っても便利に使えそうです。
口直しの夏の冷たいスープを入れるのもおしゃれかと…デザートの盛り合わせにシャーベットや
アイスクリームを入れても素敵です。(直径約6cm×高さ約5cm)

お皿は約10cm角です。横から見るとパイ生地を重ねたような質感が面白い…いろいろな器と
組み合わせてソーサーのように使っても素敵です。
厚みの分だけ少し高さが出るので、盛映えがします。

鷲塚さんの器は、この夏のお茶会セットの器以外にも、アバンダンサロンでご紹介しております。
ニュアンスのあるガラスの器を探していらっしゃる方にもぴったりかと思います。皆様、お楽しみに!
e0160398_11163981.jpg

お茶
紅茶と台湾・中国茶の専門店、芦屋Uf-fu(ウーフ)の大西泰宏さんのセレクショ
ン。
世界的に有名なダージリンの茶園の2009年ファーストフラッシュ。
贅沢にも、水出し用ティーバッグにしてあります。
500ccの水に入れて一晩冷蔵庫で冷やすだけで、とびきりのアイスティーのでき
あがり。
渋みもなくまろやか。ほんのり甘さも感じます。涼味を堪能してください。
e0160398_1117237.jpg

お菓子
●日本一小っちゃなこんぺいとう
小さなガラス瓶に入った金平糖は直径3ミリ。小さくても本物で、ちゃんと角もあ
ります。
ゆっくり回る大きな釜で職人が蜜をかけながら作る本格的な金平糖です。
アイスクリームのトッピングにもおすすめ。
●金魚のクッキー
神戸の小さな工房で手作りしているクッキー。
防腐剤など添加物なし。天然成分で色付け。安心して召し上がっていただけます。
甘さも控えめ。サクサクして口溶けがいいので、夏でも美味しい!

ガラスの小皿に並べて金平糖を散らせば、金魚鉢をのぞいているよう。
愛らしく涼しげな演出ができます。



[PR]
by abundante-info | 2009-07-08 11:14 | 特別企画
<< 服部竜也さんの器で美味しいレッ... 竹内紘三×Abundante ... >>